再発を阻止しよう

女性

定期的に診察しながら治して行きます

いぼは皮膚や粘膜などに感染してできる腫瘍で、ウイルスの種類や場所によっていろいろなものがあります。治療法はいくつかありますが、自分に合ったものを選択することが可能です。例えば液体窒素凍結療法の場合、液体窒素を使って細胞を凍らせ破壊する方法です。痛みが生じることがありますが、1週間〜2週間してもいぼがとれないと再度行うケースもあります。水ぶくれになるは受診した方がよく、保険がきくので幅広い世代の人が利用しています。電気凝固・焼灼の場合、局所麻酔を行った後電気による熱で破壊する方法です。施術した後は傷となるので消毒が必要になります。いぼはぎ法というものもありはぎとる方法もあります。レーザー治療はレーザーを使って組織を蒸散し、きれいに除去することが可能です。ぬり薬を使って治療することもあり、サリチル酸の場合は角質を軟らかくすることができけずっていきます。それほど痛みがなく自宅で治療することが可能です。グルタラールの場合、組織蛋白を凝固させてからウイルスを殺菌する方法です。1日1〜2自宅でぬりながら様子をみていきます。モノ(トリ)クロロ酢酸の場合、通院しながらいぼにぬる方法で、ウイルスのDNAを破壊することが可能です。ビタミンD3軟膏の場合、ぬって密閉するとよく効き、副作用がありません。
いぼ治療にはのみ薬を使うこともあります。例えばヨクイニンはハトムギから作られる漢方薬で、保険がきくので便利です。ウイルスに対して免疫力を改善することができ、副作用がありません。エトレチナートの場合、ビタミンA誘導体でもり上がることを抑制することが可能です。セファランチンの場合、これはもともと円形脱毛症の治療において利用していましたがいぼにも効果があります。いろいろな方法があるので、自分に合った方法を選択することが可能です。数ヵ月続けても効果が見られないなら、治療を変えてみても良いでしょう。いぼは皮膚にできる盛り上がったできもので、専門的に言うといろいろな皮膚疾患を含んでいることが多いです。普通のいぼの場合はウイルス感染によるもので、疣贅(ゆうぜい)とも呼ばれています。人にうつる可能性があり、治し方にはいろいろな方法があります。よく用いられているのが液体窒素を使った冷凍凝固療法で、綿棒をいぼの押し当てて処置したり、スプレー式の機器なども利用することが可能です。スプレー式は患部に向けてスプレーで霧状に噴霧する方法です。メリットとして短期間で液体窒素にさらし、治療効果が高めることができます。綿球法より痛みが少なく、綿球法の痛みに耐えられない子供もスプレー式だと継続して治療を受けることができるでしょう。

Copyright© 2019 とびきりの笑顔になるために知っておきたい事 All Rights Reserved.