効果的な除去方法

診察

レーザーでの除去が主流

老人性いぼを治療する場合、ウイルス性いぼの保険治療で行われる液体窒素による凍結療法は推奨できません。基本的に麻酔をしないので痛みが強く、何度も処置を行う必要があり、施術後に色素沈着を起こしやすいためです。効果的なのは、レーザー照射か電気焼灼、切除などです。稀にガン化するものもあるため、いびつな形状をしているものなど、ガンの疑いがある場合は、切除して病理検査に出します。切除法は局所麻酔をして、病変部をメスで切り取る治療法です。病変部の盛り上がりが小さなものは浅く切り取るだけで良く、盛り上がりが大きいものは多少深く切り取ります。切除法は病変部を取り残すことがあまりないため、再発のリスクが低いです。深く切除した場合は縫合して治しますが、浅く切除した場合は擦り傷と同様の感覚で自然に治るのを待ちます。痕が残る心配もそれほどありません。電気焼灼は電気メスで病変部を浅く焼く治療法で、扱いがやや難しいため、使っているクリニックは多くありません。深く削ると瘢痕が残りやすいことから、盛り上がりの大きい老人性いぼには向かないです。その点レーザーは、盛り上がりの大きさに影響しない治療法と言えます。病変部だけ焼いたり蒸散させたりして除去します。レーザーの種類は、炭酸ガスが一般的です。
クリニックの多くは、老人性いぼの治療に使用するレーザーを炭酸ガスにしていますが、盛り上がりの浅いものについては、Qスイッチ・レーザーを使用するところもあります。Qスイッチ・レーザーのメリットは、治療後に瘢痕がほとんど残らない点です。Qスイッチ・レーザーにはアレキサンドライトとYAG(ヤグ)、ルビーの3種類があります。アレキサンドライトは真皮に潜むメラニンにのみ反応する機器で、YAG(ヤグ)は色素があるところに集中して熱エネルギーを照射する機器です。そして、ルビーは黒メラニンへの反応が高いという特徴を持ちます。いずれも老人性いぼの治療に有効です。炭酸ガスレーザーは、盛り上がりの大きさに左右されることなく、使用できます。しかし、盛り上がりが大きいものは基底部の異常な細胞まで蒸散させることになるので、瘢痕が残るリスクが上がります。瘢痕を残したくない場合は、再発のリスクをとって浅く削るという選択も可能です。または、スキャナー付きの炭酸ガスレーザーで大半の細胞を削った後に、Qスイッチ・レーザーで基底部に残った細胞を削り取るという方法も有効です。レーザー機器の併用を積極的に行うクリニックは多くありませんが、相談すれば対応してくれるかもしれません。

Copyright© 2019 とびきりの笑顔になるために知っておきたい事 All Rights Reserved.