傷跡が目立ちにくい方法

カウンセリング

美容皮膚科ではレーザーや液体窒素

顔や首、胸などに複数のいぼが出来ることもありますし、直径が5mm以下の小さいものから、黒く盛り上がった形状のものまであります。加齢や紫外線が原因の老人性のいぼの場合は、他人に感染することはありません。老人性とウイルスの場合では、最適な治療法が違ってきます。まずは美容皮膚科で診察を受けることが大事です。加齢や紫外線などが原因の場合は、炭酸ガスレーザーを使って除去を行います。レーザー治療は痛みや出血が少なく、一度に100個以上を取ることも可能です。炭酸ガスレーザーは、美しい仕上がりが特徴なので、お肌のざらつきやボツボツなどを取り除くことが出来ます。老人性の場合は体に悪影響が出ることはありませんが、見た目の悪さから治療を受けたい人が増加しています。美容皮膚科は一般的な皮膚科とは違い、美容を重視しているため、なるべく傷跡の残らない治療を心掛けています。炭酸ガスレーザーを、皮膚の盛り上がった部分やボツボツに照射をします。数日を経過するとかさぶたになって、剥がれ落ちるのできれいな素肌になれます。信頼できる美容皮膚科のクリニックを選ぶと、時間を掛けて診察をしてくれるので、安心して通院が出来ます。いぼ治療のメリットをきちんと説明してくれます。
いぼの数が少なかったり、比較的小さい形状の場合は、液体窒素によるいぼ治療を行います。美容皮膚科を選ぶ時は、電話や受付の応対が丁寧で、清潔で落ち着いた雰囲気のクリニックがお勧めです。完全個室で診察やカウンセリングを受けられるので、皮膚の形状に合わせた方法を提案してくれます。地元で評価の高い美容皮膚科のクリニックは、無理な勧誘などもなく、適正な料金になっています。美容皮膚科を選ぶ時は、口コミ情報などを比較して、患者数が多いクリニックを選んで下さい。いぼ治療には、炭酸ガスレーザーや電気メスによる手術、液体窒素などがあります。液体窒素の治療は多少の痛みは伴うため、痛みに敏感な人は炭酸ガスレーザーや、電気メスによる手術がお勧めです。レーザー治療や電気メスを使用する前に、クリーム麻酔をしてくれるクリニックが増えています。ウイルスが原因の場合と、加齢や紫外線が原因の場合では、最適な治療法が違ってくるので、まずは医師に相談して下さい。施術を受けた後は、定期的に通院をする必要があります。地元で評価の高い美容皮膚科を選ぶと、施術後のアフターケアも丁寧なので、安心して通院が出来ます。なるべく自宅から利便性の高い立地のクリニックを選ぶと、通院の負担を減らせます。

Copyright© 2019 とびきりの笑顔になるために知っておきたい事 All Rights Reserved.